料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

神戸長田名物 「ぼっかけ」&「そばめし」

新幹線新神戸駅で地下鉄に乗り換えて15分で新長田駅に到着。
阪神大震災の被害が最も甚大だった所です。
表通りから見える建物は、ほとんどが新しいもの。ということは、
地震と火事によってほとんどの建物が倒壊・損傷を受けたということになりますね。
現在は見事に復興し、「KOBE鉄人プロジェクト」により、
神戸出身の漫画家横山光輝さんの作品
「鉄人28号」「三国志」にちなんだ町づくりがすすんでいます。
駅前広場でも、イベントをやっていました。
c0190847_12264182.jpg


しかし、腹が減っては、、、、ということで、
まずは、海岸方向へ歩いて西神戸センター街へと向かいました。
「ぼっかけ」発祥の地です。

火曜日定休のお店が多く、DANCYUにも載っている有名店「青森」もお休み。
というわけで、商店街の中にある「お好み焼ゆき」に行きました。
c0190847_1227361.jpg

「そばめし提灯」が目印です。

11時半の開店時間に少し余裕があったので、アーケードをぶらぶら。
ホルモン屋さん、キムチ屋さんなどムードいっぱいです。
c0190847_12271378.jpg

おばあちゃんのやっていたキムチ屋さんはお客さんがいっぱいでした。

店内に入るとBGMに演歌が流れています。
おじちゃん・おばちゃんと娘さんの家族でやっているお店です。

「ぼったこ」「すじねぎ」「そばめし」を注文。
座った席のすぐ隣で「ぼったこ」を娘さんが焼いています。
まずは、たこ焼きの生地を鉄板に流し込んだ中にタコを投入。
そして次に、ぼっかけを投入。
c0190847_12274131.jpg


見ていたら、たまらなくなって禁断のビールを注文。
c0190847_12275731.jpg

でも、生小でがまん。ぐっと堪えます。

焼き上がってグルグル回ってきたら出来上がり。
ネギの浮かんだ出し汁につけていただきます。
c0190847_12292812.jpg

タコの食感の上にぼっかけのコクと染み込んだ出し汁が加わって絶妙のフワフワ。
熱々をいただきマース。

スジネギがやってきました。
c0190847_12281931.jpg

写真を撮っていたら、
気さくな娘さんに「ソースをたっぷりかけたら美味しそうに撮れますよー。」
と教えてもらい、その通りたっぷりかけてみました。
c0190847_12283936.jpg

そして、いつものようにコテで切っていると、
「こうやって持つんですよー。」と教えてもらいました。
c0190847_12285233.jpg

口に運ぶと、軽くて香ばしい生地が実にウマい!
もう堪えられません。
思わず2杯目のビールを注文してしまいました。

「辛いのがよかったらどうぞー。」と言われて、どろ辛ソースをかけてみます。
c0190847_122948.jpg

ウスターソースの熟成期間中に自然にできた澱(おり)を「どろ」と呼び、
商品名の「どろソース」もそれに由来しています。
沈殿成分の主なものは香辛料であるためかなり刺激が強く,
どろ辛ソースは少しピリッと感じられましたが、
お好みの生地が甘く感じられてウマい!
c0190847_17213492.jpg

店内でも販売していました。

そして、「そばめし」。
ソバとご飯をしっかり焼きこみ、パラっと仕上げたものですが、
コテで食べながら、さらに熱い鉄板の上で加熱されるので、そばがカリカリになってきます。
ビールが進みます。

外に出たらこんなにも並んで待っていました。
c0190847_17214720.jpg

『ぼっかけカレー』なるものもあるようなので、また次回行ってみます。

懐にも優しく大満足のお昼ごはんでした。


by motoretta | 2009-11-07 17:29 | 国内旅行