料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イタリアの至宝、チシタリアの輝き展

名古屋のアウトガレリア・ルーチェさんで開催されているイベント
~イタリアの至宝、チシタリアの輝き~に行ってきました。
c0190847_22485394.jpg

c0190847_22494774.jpg

社名のCISITALIAとは、
『Compagnia Industriale Sportiva Italiana』の頭文字で、
ピエロ・ドゥジオとピエロ・タルッフィによって
1944年トリノに作られた自動車メーカーです。
最初に作られたモデルは、1946年の一人乗りD46。
ダンテ・ジアコーザ(フィアット500の生みの親)とジョヴァンニ・サヴォヌッツィ設計のフィアット4気筒1100ccエンジンを60馬力に強化したもの。
c0190847_2239215.jpg


1947年戦後初のミッレ ミリアで大活躍。
1100ccのエンジンで時速220キロオーバーの性能を誇ったのは、
「アエロディナミカ」202 CMM Aerodinamiche。
c0190847_22551393.jpg

トリノ工科大学の風洞実験で、Cd値0.29を記録したとのこと。
c0190847_2255504.jpg

「空飛ぶマントヴァ人」タツィオ・ヌヴォラーリーの活躍で、人気を博しました。

1947年に発表された「小さな宝石」は202 SC ピニンファリーナ、Cisitalia 202 SC Pininfarina。
c0190847_225159100.jpg

その革新的かつ近代的なフォルムが“動く彫刻”と評価され、
MoMA(ニューヨーク近代美術館)で、永久展示されることになった史上初の自動車です。

それから、202 SC スタビリメンテファリーナ。
c0190847_2333977.jpg

マルテスベローナ製のユニットが搭載されています。

現代もミッレミリアで活躍する"bella macchina"がたくさん並んでいて、
夢のような展示でした。
c0190847_2335521.jpg

by motoretta | 2010-04-22 23:06 | 車・バイク