料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

南紀勝浦旅行7

 世界遺産に指定された「紀伊山地の霊場と参詣道」。

修験道の「吉野」、神仏習合の「熊野」、密教の「高野山」と三つの異なる宗教の山岳霊場と、
それらを結ぶ参詣道「熊野参詣道(熊野古道)」「高野山町石道」「大峯奥駈道」によって構成されます。


世界遺産として登録された「道」は、「紀伊山地の参詣道」とスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」だけです。
「紀伊山地の参詣道」は、周辺の景観とともに良好な形で維持された貴重な文化遺産として高く評価されたものです。

その参詣道の雰囲気を30分で楽しめるお手軽コースを見つけたので行ってきました。

車を大門坂駐車場に置いて、すぐ近くの入り口からスタート。
c0190847_1975436.jpg

あたりは、長閑な景色です。
c0190847_198286.jpg

鳥居をくぐると、小さな振ヶ瀬橋。
c0190847_1910815.jpg

俗界と聖域とを振り分ける境の橋です。

近くには鏡石という祈り石があります。
c0190847_191535100.jpg


267段・その距離約600メートル余のこの石畳敷きの道の入り口。
c0190847_1916187.jpg

入り口にある2本の杉は「夫婦杉」と呼ばれています。
幹周り8.5メートル、樹高55メートル、樹齢約600年程の老杉です。

両側には立派な杉が並んでいます。
c0190847_19161847.jpg

熊野九十九王子最終の多富気王子跡。
c0190847_19163928.jpg

老楠の下に安置されています。
c0190847_19165786.jpg

石畳を踏みしめ、
c0190847_19172540.jpg

静かな山道を登って行きます。
c0190847_19174441.jpg


途中で那智の滝を見ながらひと休憩。
c0190847_1918444.jpg

杉並木を抜けると、満開の桜のお出迎え。
c0190847_19134731.jpg

この場所に、昔大門があったので「大門坂」と呼ばれるようになったようです。

熊野那智大社を目指して、もうひとがんばり歩きます。
c0190847_1914676.jpg






by motoretta | 2010-04-28 19:42 | 国内旅行