料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

GARMINテストドライブ@富山

「クロアチアに行く前に、一度ガーミンに慣れないかんがね。」
ということで、富山県氷見に行ってきました。
「行ったことのなく」かつ「美味しいお寿司が食べられる」との条件にあてはまる所です。

砺波平野に入ると散居村の美しい風景が広がっています。
c0190847_20411153.jpg


ガーミンはなぜか、手前のインターチェンジで降りるようにナビします。
今回は、取りあえずナビの指示通り、一つ手前で降りて一般道を通ります。
3時間半で氷見に到着。

氷見は藤子不二雄Ⓐの出身地。
漁港前のメインストリートには、獅子丸、
c0190847_20411867.jpg

もうしばらく歩くと、ブリのお出迎え。
c0190847_20412338.jpg

漁港に到着。
ここにもブリのイラスト、そして「越中式定置網」の文字が見られます。
c0190847_20412734.jpg


お昼ごはんは当然お寿司!
商店街にある蛇の目寿司さんです。
c0190847_2041405.jpg

この日揚がったばかりの氷見港の魚のみを出してくれるこだわりのお寿司屋さん。
ご主人が港で競り落としてきた今日のネタが、ショーケースに並んでいます。
c0190847_20414497.jpg

まずは、お刺身。
c0190847_20414919.jpg

左上から、鯵・飛魚・赤鯛・平目の昆布〆・蛸・海老でした。

富山の名酒「立山」です。
c0190847_20415478.jpg

おいしい刺身をつまみにお酒をいただきながら、ご主人にお話を伺いました。

氷見の鰤は越中式定置網で獲られた後、生きたまま氷締めするので魚は口を閉じたまま絶命します。また、近年の不漁でキロあたりの単価は倍増していて、このお店の鰤づくし料理も赤字になってしまうそうです。巻き網漁で大きい魚から小さい魚まで、漁業資源を根こそぎ獲ってしまうことが影響しているようです。
名古屋では、出まわらないという氷見の寒鰤を食べに行きたくなりました。
by motoretta | 2010-07-24 22:11 | 国内旅行