料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クロアチア王国の古都ニン

先日、1年と11ヶ月にして1万アクセスを超えました。
ご覧頂いた皆様、ありがとうございました。
これからもよろしくおねがいします。

ククルーズ(とうもろこし)の屋台を見てから、ザダールを出発。
c0190847_22555056.jpg


一本道で大渋滞の反対方向(ザダール市内へ向かう)の車線を見ながら、
一路北へ、ニンの町へと向かいます。

ダルマチア北部のラグーンに浮かぶニンは小さな小さな島ですが、
東西文化の狭間でクロアチアの民族文化を守る象徴として重要な地です。

まず、町の手前に聖ニコラス教会発見。
c0190847_22555521.jpg

記念撮影をする家族づれの観光客がたくさんいます。
こんもり盛られた土台の上に物見塔のような建物が建っています。
上部はヴェネツィアによって要塞のような姿に改築されたそうです。

そして、ニンの旧市街到着。
橋の手前には、9世紀ビザンチン帝国からの独立を目指したブラニミル公の像が立っています。 
c0190847_22561470.jpg


台座にはグラゴール文字が刻まれています。
c0190847_22562350.jpg


小さな橋を渡って旧市街へ入ります。
c0190847_22564814.jpg

荒い石積みの門にクロアチアの国旗がはためいていました。

かつて戴冠式が行われた聖アンセルム教会などの遺跡が並んでいます。
c0190847_2257738.jpg


集落の遺構の奥には、
世界一小さな聖堂と呼ばれる聖十字教会が佇んでいます。
c0190847_2257198.jpg

青空の下に建つ白い壁。
c0190847_22572979.jpg

遠くには山並みが連なって見えます。

漆喰で塗られた内部には太陽の方向を示す明かり取りの穴が開けられています。
c0190847_2258061.jpg


c0190847_22581281.jpg


裏手に回ると、
ローマ語ではなく自国語であるスラブ語での典礼にこだわり、
民族文化を守ろうと奮闘した司教グルグール司教の胴像があります。
c0190847_22583771.jpg

「クロアチアのミケランジェロ」と呼ばれる彫刻家メシュトロヴィッチの手によるものです。
独特の塊感があり、何かに強く抗議しているような感じが伝わってきます。
c0190847_22584663.jpg


このスラブの英雄の足にさわると幸運が訪れると言われ、親指がピカピカに輝いています。
c0190847_22585019.jpg


スラドレト(アイスクリーム)屋さんには、グルグールカップなんていうメニューもありました。
c0190847_2330132.jpg


 
by motoretta | 2010-11-03 23:32 | クロアチア