料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

扉温泉旅行2日目〜信州のおみやげで晩ごはん〜

小旅行に出掛けたら、渋滞に巻き込まれないように早めに家に帰り、
買い込んできたお土産の食材とお酒で晩ごはんにするのが、最近の我が家流。

お酒は、諏訪の宮坂醸造で購入。
国道20号線沿いのお店に、昨年ダンプカーが突っ込んでお店が大破したそうで、
すぐ横につくられた仮店舗での営業でした。

いつものように試飲をして選んだ 真澄 純米吟醸 辛口生一本です。
c0190847_2105495.jpg

信州のお酒にしてはお米のふっくらとした旨味と甘みが感じられるのが
真澄の特徴です。

そして、のりわさび。
c0190847_21168.jpg

松本市縄手通りのたい焼きやさん「ふるさと」の向かいにある和食器屋さんで買いました。
安曇野産のわさびで造られた、風味豊かな佃煮でした。

これも松本 中町通り商店街 山平食料品店で買った川魚(ごり?)の佃煮。
昭和の初めから続く老舗のお店です。
c0190847_210591.jpg

甘辛の佃煮は、日本酒に合いすぎです。
他にもイナゴの佃煮などの地元の珍味や美味しいお漬け物が売っていました。

不動の人気を誇る竹風堂の「栗おこわ」。
c0190847_2111573.jpg

厳選した栗をたっぷりと混ぜ込んで炊きあげており、ホクホクな栗とふっくらもち米が絶妙な一品。

おかずは、蓼科自由農園で買ってきたほうれん草のおひたし。
c0190847_2111850.jpg

味付けは、宮坂醸造で買った 真澄 煎り酒。
(宮坂醸造HPより) 
 煎り酒とは日本の古い調味料です。
 お醤油が普及するにしたがい次第に利用されなくなりましたが、
 醤油のような強い個性を持たず素材の風味を生かす上品な味わいが特徴です。
少しプラスするだけで味に複雑さが出て、最近の相方のお気に入りです。

地元の食材と地元のお酒。
名古屋に戻ってきてからも、十分楽しめました。
by motoretta | 2011-07-05 21:23 | 国内旅行