料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2012南イタリアぐるっと4000キロの旅25〜聖所モンテ・サンタンジェロ

先日紹介したベネヴェントとともに
「イタリアの ランゴバルド 王国、568~774年にかけての権力域」として世界遺産に登録されたモンテ・サンタンジェロ。
493年、タヴォリエーレ平野を見下ろす山の洞窟に
大天使ミカエルが現れたという伝説が人気を呼び、
ランゴバルト族の人々を集める巡礼地となり、
十字軍兵士たちは行き帰りにこの聖所に立ち寄るようになりました。

1015年、ランゴバルド族はノルマン人に協力を要請。
南伊プーリアの地はノルマン人の支配下に置かれ、
そして13世紀からはフランス、アンジュー家へ
15世紀からはスペイン、アラゴン家へと変わっていきます。

まずは大天使ミカエルの聖所へ。
c0190847_21232749.jpg

1274年シャルル・ダンジューによる鐘楼が入口の目印です。
カステル・デル・モンテの建築法を模した八角形で建てられたもの。

老(若)男女、長い階段を下って行きます。
c0190847_21234282.jpg


奥には白い聖母子像。
c0190847_21235210.jpg


その先からは写真禁止。
1076年にコンスタンチノープルでつくられた聖堂の扉をくぐると洞窟です。
何百人か入れるくらいの広大な空間が広がっています。
まず目にするのはねじり装飾の付け柱で飾られた祭壇。
バロック期のものでしょうか。
そして右側にはアンドレア・サンソヴィーノ作とされる大理石の大天使ミカエル像、
その左に司教座が置かれています。
ひんやりした空気が流れる中、静止したままお祈りをする人たち。
お邪魔にならないようにそうっと見学です。

長ーい階段をヒイコラ言いながら昇って外へと戻り、
数分歩くと12世紀の遺構が見えてきます。
c0190847_21243981.jpg

左側がランゴバルド族の王ロターリの墓、
右側がサンタ・マリア・マッジョーレ聖堂です。

白く明るい堂内。
c0190847_21245069.jpg


フレスコ画の断片が見られます。
c0190847_21245912.jpg

損傷が激しいのが残念。
c0190847_2125135.jpg


柱頭の浮彫り。
c0190847_2125848.jpg

ロバに乗るのはキリストでしょうか。

そしてロマネスクらしい奇妙な像。
c0190847_21254434.jpg

頭は蛇に、両手はトカゲ?に噛まれながらも
くりくり目玉が笑っているような感じ。

隣のサンタ・マリア・マッジョーレ聖堂へ。
c0190847_2126134.jpg

古くからの聖堂を1170年に再建したもの。

聖母子の浮彫りをくぐって堂内へ。
c0190847_21254067.jpg


ここにもフレスコ画が色々描かれています。

中世の騎士像に
c0190847_21254833.jpg


冠をかぶった聖女マリア。
c0190847_2126255.jpg


傍らには聖母子像が置かれていました。
c0190847_21264267.jpg

by motoretta | 2012-11-15 00:08 | イタリア