料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

金比羅さん パート4



若沖のポスター・絵はがき、金比羅さんカレンダーを買い込んで
表書院を後にします。
c0190847_18134370.jpg

(三重県立美術館にも来た、岸岱の<群蝶図>が見られなかったのが心残りです。)
c0190847_18132374.jpg


木馬舎前の広場からは、讃岐平野が見渡せます。
c0190847_1814030.jpg

ここで、500段です。

さらに階段を上り、
c0190847_18141539.jpg

手水舎でお清めをして、
計785段上がって、
やっと御本宮に到着。
c0190847_18143981.jpg

展望台からは讃岐富士が望めます。
c0190847_18145751.jpg


絵馬殿には船の絵馬がいっぱい。
c0190847_18153699.jpg

海上守護の神として古来から信仰を集めています。
ソーラーボートも奉納してありました。

帰りによった旭社には、華麗な巻雲の装飾が施されていました。
c0190847_18155161.jpg

c0190847_1816472.jpg


今回は資生堂レストランはパスしました。
入り口だけ写真をパチリ。
c0190847_18162443.jpg


一の橋そばの土産物屋で食べたゆずシャーベットが
熱くなった身体を癒してくれました。
c0190847_18253065.jpg


金比羅さんを後に、西へ向かいます。
c0190847_18261220.jpg

by motoretta | 2009-05-31 18:27 | 国内旅行

金比羅さん パート3

高橋由一館をさらに上がり、
表書院に到着。
丸山応挙の「虎の間」があります。
c0190847_21175680.jpg

正座をして膝をついた視点から見ると、
虎の迫力がより増して感じられます。

そして今回特別公開の奥書院 。
伊藤若沖作、上段の間 花丸図です。
c0190847_21164961.jpg


1年前の、
三重県立美術館「書院の美」展では間近に見ることができましたが、
今回は少し離れたところからの鑑賞です。
c0190847_21155832.jpg

c0190847_21171967.jpg


しかし、若沖はすばらしい!
見とれてしまいます。
ほとんど京都を離れることがなかった若沖は、
この作品を京都から金比羅さんに送ったそうです。

今回のイベントにあわせて
郵便局株式会社 四国支社からオリジナルフレーム切手
「金刀比羅宮 奥書院 上段の間 花丸図 伊藤若冲 作」
も発売されました。
2000シートもありましたが、もれなく完売とのことでした。

名古屋に戻ってから、早速ネットで取り寄せました。
c0190847_21183061.jpg

by motoretta | 2009-05-29 21:43 | 国内旅行

釜まぶし

名古屋のボストン美術館では今ゴーギャン展を開催中です。
行きたいのですが土日なんてとてもとても行列で見れないよと
関係者の方から言われ、なかなか行くことができませんでした。
でも平日の閉館時間ギリギリがねらいめと聞き、
行ってきました。
今日は天気もよくないためか
なんとか仕事をやりくりして行った5時半。

がらがらで「我々は、どこへ行くのか・・・」の大作も
一人貸し切り状態にでゆっくり鑑賞することができました。

さて7時近くお腹も減った。
どこで夕飯をとろう、ということで決めたのが、金山駅すぐそばの
昭和25年創業の三福といううなぎ料理屋さん。

c0190847_20475724.jpg

うなぎだけでなく刺身やおひたし(これはわさびの花)
c0190847_20483927.jpg

c0190847_20491316.jpg

も充実しており、サラリーマンでにぎわっていました。

焼酎の水割りを飲みながら、しばし待って、、、

おまちかねは、名古屋名物ひつまぶしならぬ釜まぶし。
c0190847_20494767.jpg

c0190847_20501819.jpg

こちらのうなぎは,備長炭でとてもかりっと焼いてあり
タレは甘く、わさびとネギの薬味との相性が抜群でした。
c0190847_20504739.jpg

お茶漬けの味が足りなければ抹茶塩をおかけくださいとのことでしたが
c0190847_20511778.jpg

あいにく抹茶が苦手なのでチャレンジできませんでした。
夏にはうなぎとモロヘイヤのスタミナ丼もあると書いてありました。
ぜひまた行ってみたいお店です。



by motoretta | 2009-05-28 20:52 | なごやめし

究極の親子丼

久しぶりにミッドランドスクエアに行きました。
c0190847_20382748.jpg

さて、お昼はどうしようか。韓国料理もいいし中華もいいし・・・
そんなとき目に入ったのがこの看板。
c0190847_2039787.jpg

私の数少ない得意料理の一つが親子丼。
究極と言われたら食べてみないと、
ということで入ってみました。
名古屋 今井屋本店です。

案内されたのは座敷。掘りごたつ式はいいのですが
このぼつぼつはなんだか足のやり場がなくてちょっと困りました。
c0190847_20403215.jpg

さあお待ちかね。やってきました。
卵の量が多分私の2倍かな?とろとろです。
c0190847_20394019.jpg

鶏ガラスープも付いています。
c0190847_2041827.jpg

もう1品はたたき風ネギ塩丼。
c0190847_20414299.jpg

炭で焼いているのかな。香ばしくてネギ塩と合います。
そして途中で山芋をかけます。
c0190847_20422059.jpg

風味がかわりますね。
最後には杏仁豆腐までついて大満足のランチでした。
c0190847_20424942.jpg

by motoretta | 2009-05-27 20:43 | なごやめし

金比羅さん パート2

宝物館から坂を少し登った所にある高橋由一館にいきました。

たまたま「安野光雅展」がやっていました。
c0190847_2220970.jpg

どこかで見覚えがあるような感じ???
しばらく絵を眺めていたら思い出しました。
最近、興味深く読み進めていた枕元本「絵の教室」と同じ方です。
c0190847_2235320.jpg


〜風景と出会い〜ということで、ヨーロッパの風景画が並んでいます。
これは、<コルティナ・ダンペッツォ>。
c0190847_2233610.jpg


常設の高橋由一展も見ます。
本格的な油絵技法を習得した日本で最初の洋画家です。

三重県立美術館でも見た<豆腐>。
c0190847_2245666.jpg


こちらも同じく<鱈梅花>。
c0190847_2254221.jpg


日本独特のモチーフを油絵で表現した
見事な折衷様式がユニークです。
by motoretta | 2009-05-26 22:55 | 国内旅行

金比羅さん パート1

丸亀から、金比羅さんへ向かいます。

道中、金色に輝く麦畑が広がります。
c0190847_213064.jpg

きっと
 「水が乏しい」
→「水田ではなく麦畑」
→「地方独特のうどん文化が繁栄」
したのだと思いました。

香川には、お灸を逆さまに伏せたような
おもしろい形の山が点在しています。
c0190847_21303395.jpg


しばらくすると琴平町に到着。
c0190847_2142281.jpg


車を駐車場に預けて、杖を持って参道を歩きます。
両側には、お土産屋さんがいっぱい。
こちらは有名店「灸まん」。
c0190847_21313858.jpg


老いも若きも、ひたすら階段を登ります。
c0190847_2132247.jpg


今回の一番の目的は、「パリ凱旋帰国展」。
三重県立美術館で見たときにとても感動したので、
いつか本物の環境で見てみたいと夢見ていました。
c0190847_2128051.jpg

参道をてくてく歩いて
c0190847_21344074.jpg

まずは、宝物館に到着。
c0190847_2135099.jpg


寛永19年に藩主となった松平頼重公の寄進による、
狩野派の三十六歌仙が見られました。
c0190847_21283510.jpg

c0190847_2129389.jpg

洋の東西問わず、有力な寺社仏閣にはお宝がいっぱい。

まだまだ金比羅レポート続きます、、、
by motoretta | 2009-05-25 22:04 | 国内旅行

味噌かつ丼 叶

先週、丸栄スカイル裏手にある「味処 叶」に行ってきました。
昭和20年代創業の味噌かつ丼発祥の店です。
c0190847_22484294.jpg

グルメ雑誌、ガイドブックにもよく取り上げられています。
今回も、他所から名古屋めしを食べにきたような感じの方たちで
にぎわっていました。

店内は写真撮影禁止(以前知らずに撮っていたら注意されました。)
なので、外の様子だけ紹介します。
c0190847_22492676.jpg


日本語のたどたどしい留学生がオーダーを訊き、
背中の曲がったおじいちゃんが作ってくれます。

こてこての味噌だれで煮込まれたカツと卵。
白いご飯の上にまずカツがのり、
その上に半熟の卵がかかります。
とってもこくがありました。
でも、どんぶりにしては会計がちょっといいお値段でした。


by motoretta | 2009-05-24 22:50 | なごやめし

ア・ラ・カンパーニュ

昨日は仕事がとても忙しく、体もバテバテ。
夕飯の材料を買いに寄った星ヶ丘三越の地下。
あれ?限定販売で栄のケーキ屋さんア・ラ・カンパーニュが
出店していました。私のお気に入り3本の指に入る店なので
ついつい買ってしまいました。
甘夏のタルト。甘夏のほろ苦さとカスタードも甘さがいいですねぇ。
c0190847_16221389.jpg

こちらはホイップクリームと卵黄のスポンジの黄色がきれいなフルーツケーキ。
c0190847_1624862.jpg

疲れたからいいかなんて言い訳しながら・・・
夕食後棚の奥から出てきたシェリーも開けてみます。
c0190847_16244188.jpg

c0190847_16251318.jpg

食べ合わせとしては今ひとつでしたが
ケーキを一口食べて、はー。おいしい。
ダイエットは明日からです。
うっ。夏はもうすぐ。
by motoretta | 2009-05-23 16:25 | 甘いもの
今回はチョコレートの食べ比べです。
この8種類のチョコの味を比べます。
c0190847_2123047.jpg

c0190847_21233991.jpg

ひとかけをさらに手でわってほんの少しずつ口に入れます。
c0190847_21242526.jpg

そして舌の上で味を確認します。
甘み、酸味、苦み以外にも
フルーツ・ドライフルーツ・ウッド・などなどの味を感じるか
シートに記入していきます。
c0190847_21251893.jpg

しかし味を感じるのはむずかしい。
おいしいかまずいかは分かっても
どんな味かを表現するとは・・・。
でもテストではないのでみんなでああでもないこうでもないと
話しながら気がつくとたくさんのチョコをいただいてしまいました。
最後に明治のチョコを食べてみたら
c0190847_21255268.jpg

びっくり。いつもはおいしく食べているのに
甘くて甘くて。本物のカカオの味を楽しんだあとには
砂糖を食べているような感覚でした。
次回が楽しみです。
by motoretta | 2009-05-22 21:29 | 甘いもの

ローマ番外編1

ある日、突然在イタリア総領事館から手紙が届きました。
「???」
中には、このような書類が。
c0190847_1540090.jpg

辞書を引いたら、
「ローマ警察の違反の始末書を貴方に送ります」
という意味でした。

そして、もう一枚。
c0190847_15412469.jpg

「違反証明」
「2003年12月24日12時05分 オペルベクトラ」
「車両侵入禁止区域に侵入」
下には、僕の「名前と住所・本籍地」
「60日以内に、73,76Euro支払う」
とありました。
まさにビンゴ!

ボルゲーゼ美術館の予約時間に間に合わなくて慌ててしまい、
知らずにポポロ門の下を通ってしまったのでした。
(後からミシュランレッドガイドの地図を見たら、
やはり進入禁止ゾーンの黄緑色になっていました。)
c0190847_2375650.jpg


「いったいどうするんだー」と知り合いの方々に色々訊いてみました。
解決策①(イタリア語学校イタリア人教師)
そのまま知らんぷり。さすがイタリア人!
解決策②(イタリア専門旅行代理店Sさん)
これからも、イタリアに行くのなら支払わなければならない。

ということで、我が家の解決策は当然②。
しかし、次の難関「どうやって支払うんだー」と
またまた知り合いの方々に色々訊いてみたら、
なんとなんと、ある方の姪御さんのお婿さんがイタリア人で、
ローマ警察にお勤めだということが分かりました。
さらに運がいいことに、その当時名古屋に里帰り中とのこと。
藁にもすがる思いで、連絡し、かわって手続きをしていただき、
無事支払い完了。

ご協力くださった皆さん、ありがとうございました!

イタリアの警察もハイテク化。
コンピュータでおいかけてきます。
罰金は現地で支払うように心がけましょう。
by motoretta | 2009-05-21 23:11 | イタリア