料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

私の苦手なものの一つがメロン。
においや食感が苦手です。
でも、家にはメロンの好きな人もいて・・・。
丸ごと一つ買う訳にもいかず、悩んでいたとき見つけました。
名駅の高島屋の地下にあるフルーツパーラー「レモン」。
ここのデザートが果物の味がしっかり出ていて
昔からファンです。
ここで、メロンのババロアと
c0190847_17393977.jpg

一番大好きな、グレープフルーツを丸ごと一つ使ったゼリーを
c0190847_17401238.jpg

買いました。
グレープフルーツのゼリーは中身がぎっしりで大満足です。
見た目も涼しげで夏にはぴったりのデザートです。
by motoretta | 2009-07-31 17:40 | 甘いもの

覚王山のイタリアン!

チョコの会の後は、ラーメン・焼き肉などというわけにはいかず
イタリアンかフレンチにしようか?ということになります。
チョコ会は池下のサロン・ドゥ・アルエットゥさんで水曜日に開かれますが、
池下周辺のイタリアンのお店は水曜定休が多いので、なかなか苦労します。

今回行ったのは覚王山のイタリアン Delfina です。
c0190847_20221176.jpg


かわいいカルチョッフィとサラミの前菜。
肉の旨味がしっかり。
c0190847_2023189.jpg


白ワインを頼みました。
c0190847_20253979.jpg

大好きなサルディニアのヴェルメンティーノです。
c0190847_202611.jpg


細くてながーいグリッシーニもなかなかいい食感です。
c0190847_20263474.jpg


マグロのサラダはアンチョビとハーブの味付けでなかなかいけます。
c0190847_2026579.jpg


「今年最後の」と言われてついつい頼んでしまったのが、ホワイトアスパラ。
c0190847_20272157.jpg

アワビと一緒の贅沢バージョンです。

続きは、また。。。
by motoretta | 2009-07-30 20:37 | なごやめし

冷えた体にカレーうどん

今日も雨で冷えきってしまったので、
お昼ごはんはカレーうどんで暖まることにしました。

昭和区荒畑そば うどんの森川 さんです。
c0190847_19532884.jpg


ランチタイムは定食を頼むと、単品と同じ値段でごはんが付いてきます。
c0190847_19534295.jpg


まずは、カレーうどんをずずっとすすり、
c0190847_19535662.jpg

最後は、オンザライスでカレーライスにして2度楽しみます。
写真を撮るのを忘れるほど、食べるのに夢中になりました。

しっかり暖まり元気回復しました。
ごちそうさま。


by motoretta | 2009-07-29 19:56 | なごやめし

大須周辺で

今朝方、蝉の声がしましたが、9時ごろからはずーっと雨。
雨に当たって体が冷えきったので、温かーい煮込みハンバーグを食べてきました。
c0190847_20512897.jpg

(デジカメを忘れてしまったので写真が不鮮明ですが)

名古屋大須にあるキッチントーキョーさんです。
昭和から45年続く老舗洋食屋で、デミグラスソースが美味しいです。

煮込みハンバーグは土鍋風の器でアッツアツ。温泉卵ものってます。
c0190847_20515619.jpg


ごはんを食べに行く前に、結婚式場から出てくる新婚さんをみました。
ちらっとしか見てませんが、新婦さんはすらっとしてとってもきれいな方でした。

この結婚式場の前はよく通りますが、
以前通ったときに発見しました。

式場の正面(教会のファサード?)には見覚えのあるモザイク(のようなもの)が、、、
c0190847_20575983.jpg

これは、、、ジョットのフレスコ画?

よくよく見たら下の方に
Entrata di Gesu Cristo in Gersalemme...GIOTTOと書いてあります。
c0190847_20582918.jpg

「キリストのエルサレム入城」です。
ロバの背に乗ったキリストが民衆に迎えられてエルサレムに入城する場面です。
それにしても、名古屋の結婚式場恐るべし。

これは、パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂のジョットによるフレスコ画。
c0190847_2054488.jpg

随分と色も違うことがお分かりいただけるかと思います。
実際には、高価な顔料ラピスラズリが使われているので、もっと深みがかった紺色です。

スクロヴェーニ礼拝堂は、
教会の教えに背いて高利貸しで財を成したスクロヴェーニ家が
罪の許しを請う為に作らせたものです。

ちなみに、現在は温湿度管理のため、15分制限の見学です。
一場面一場面をゆっくり見ることはできません。

しかし、技術の進歩はすばらしい!
西洋の名画を陶板に実物大でコピーした鳴門の大塚国際美術館では
360°環境空間ごとそのまま、スクロヴェーニ礼拝堂と寸分違わぬ形で展示されています。
落書きまで忠実に再現されています。
私たちはイタリア現地まで行っておりませんが、
実物を見た人の中には、「大塚国際美術館の方がゆっくり見られていい。」
という人もいるそうです。
飛行機代も払わなくていいですしね。
でも、やっぱり本物見たいなー。
by motoretta | 2009-07-28 21:41 | なごやめし

ひつまぶし

全国的に天気が続いていますね。
昨日の名古屋も大雨でした。
c0190847_20535843.jpg

いつも通る道路のマンホールから噴水のように水があふれていました。

激しく雨が降ったので、空いているかと思って 「うな昇」さんへ行ってみましたが、
あいにく同じような考えの方がご近所にたくさんいらっしゃったようで、お店は満員。

でも、「うなぎモード」に突入してしまったのでしばらく待つことにしました。
c0190847_20555726.jpg


待ち合い席の小窓からは、うなぎを焼いているところが見られます。
c0190847_20583177.jpg


ビールを飲みながら待つことしばし。
お腹ペコペコで頼んだのは 久々の櫃まぶしです。
冷めないようにお櫃に入ったまま出されます。
c0190847_2056415.jpg


名古屋正統派の食べ方で頂きました。
① しゃもじで十の字に切り分け、1/4をそのまま食べる。
 お好みで山椒を、、、ぱらぱら。
c0190847_20565882.jpg


② 2杯目は、ネギ・わさびをのせて。
c0190847_2057235.jpg


③ ②の上にだし汁をかけ、お茶漬け風に。
c0190847_20574851.jpg


④ 最後は気に入った食べ方でもう一度。今回は二度目のお茶漬けの上にタレをかけました。
c0190847_205819.jpg


c0190847_20581435.jpg


やっぱり「うなぎ」は名古屋風のカリッカリの香ばしさが一番!
関東風・関西風では今一つしっくりきません。

大阪から来たばかりの職場の女の子は、なかなか名古屋の濃いみそ汁になじめないようですが、
名古屋人にはこれじゃないと物足りませんよねー。
by motoretta | 2009-07-27 21:26 | なごやめし

アマルフィ2

アマルフィのドゥオーモは守護聖人 聖アンドレアに捧げられたもの。
アラブ・ノルマン様式のファサードです。
訪れたときは修復中で全体が見られませんでしたが、イタリアではよくあることです。
再度訪問するしかありません。
c0190847_13522141.jpg

入口扉上部に、X形の十字架に磔になった聖アンドレア像が見えます。

少し分かりにくいので、
以前ブログでアップした ローマ サンタンドレア・アル・クイリナーレ教会の祭壇画を
参考までに紹介します。これもX十字です。
c0190847_1357150.jpg


すぐ横には「キオストロ・デル・パラディーゾ(天国の回廊)」があります。
二連柱に支えられたアラブ的な交差アーチに囲まれた静かな空間です。
c0190847_13523652.jpg

c0190847_13524848.jpg


これは、クロチフィッソ礼拝堂のフレスコ画。
c0190847_13534230.jpg

14世紀のものです。
キリストの顔がくりぬかれています。

ドゥオーモを出たあとは、八百屋でレモンと野菜の種を買いました。
お土産屋を覗きながら一本道を上り、中世の当時と同じ作り方の製紙工房まで歩きました。

広場近くの Trattoria Da Gemma で遅めの昼食。
クアパッツァは洗練された最高の味でした。
Avellinoの白ワインとともに美味しく頂きました。
未だに脳裏に焼き付いています。
c0190847_1354069.jpg

by motoretta | 2009-07-26 14:22 | イタリア

アマルフィ

アマルフィにはソレント半島をまわって行きました。
映画「アマルフィ~女神の報酬~」とは逆からのアプローチ。
断崖絶壁の海岸沿いをはしる国道163号のドライブは、
ハンドルを大きく切らなければならず、次の日には腕が筋肉痛になる程でした。
でも、地中海を見ながらのドライブは最高です!
c0190847_18384439.jpg


近づくに従って、アラブ風の教会が見えてきました。
c0190847_1839047.jpg

そして、ポジターノ。
階段状にカラフルな建物が並ぶリゾート地です。
c0190847_18392040.jpg


アマルフィ近くの道路沿いで、プレセピオを発見。
c0190847_1839431.jpg

海も建物もアマルフィ風。
おじいさんが、真剣に手入れをしていました。

そして、アマルフィに到着。
中央にドゥオモの鐘楼、その右にファサードが見えます。
c0190847_1839592.jpg


これは、海岸の広場に立つフラヴィオ・ジョイアの像。
14世紀にヨーロッパで初めて羅針盤を発明した船乗りです。
(中国ではこれより早く発明され、マルコ・ポーロによりその知識がもたらされたそうです。)
c0190847_18401033.jpg

アマルフィは中世、
ピサ・ジェノヴァ・ヴェネツィアとともに
4大海洋共和国として栄えました
by motoretta | 2009-07-25 18:56 | イタリア

沖縄料理

蒸し暑い日が続きますね。
こんなときは沖縄料理にかぎります。
我が家の1番のお気に入りの沖縄料理店は
パイパティローマ。
夜遅くまでやっていますし、安いしおいしい。
今日もやってきました。
まずはオリオンビールでのどをうるおしたところで
あとはボトルの残波のサンピン茶割り。
つまみはミミガー。当然あっさりポン酢。
c0190847_21241496.jpg

島らっきょうの天ぷら。
c0190847_21244512.jpg

友達にお土産に頂いてからファンになった海ブドウ。
c0190847_21251140.jpg

ほんとうはおにポークのおにぎりや島豆腐もたのんだのですが
なにしろ暗い店なので写っていなくて残念。
しめはやっぱりソーキそば。
c0190847_21262845.jpg

BGMはお店の人の三線の音色。
いい気分で酔いました。
by motoretta | 2009-07-24 21:27 | なごやめし

冷酒。枝豆。そうめん。

妻がイタリア料理教室のため、一人で晩ご飯でした。
久々に暑かった今日は、「冷酒。枝豆。そうめん。」の3点セットです。

まずは、冷酒をちびちび。
c0190847_2156681.jpg

大好きな大好きな「東北泉」。
c0190847_215721.jpg

バランスのとれた旨味も十分、しかもコストパフォーマンスの高い日本酒です。

塩をふった枝豆。夏のつまみと言ったらこれでしょ!
c0190847_21573930.jpg


キュウリとトマトと湯で豚のサラダ。
c0190847_21583152.jpg


そして、今夏初のそうめん。
c0190847_21591523.jpg

胡麻・茗荷・大葉の薬味たっぷりで頂きました。

こんな我が家の食卓の向こう側に、
アマルフィの骨董屋さんで買った古地図が飾ってあります。
c0190847_21595470.jpg

"Mappa antica."と言ったら、奥の方から店のおじいさんが持ってきてくれたものです。
Amalfiの文字が見えますか?
c0190847_2215945.jpg


中世の人々は、こんな船で地中海を巡ったのかと想像すると
ワクワクします。
c0190847_2231488.jpg

by motoretta | 2009-07-23 22:03 | うちごはん

三重県宮川から季節のものが
届きました。
我が家の大好物鮎です。
大台ケ原から流れる清流で育った天然物は
スーパーのものとは、ひと味もふた味も違います。

今年はちょっとこぶりでしたから
一度に5匹も焼いてしまいました。
c0190847_19382813.jpg

こんなに食べられないよーなんていいながら
結局全部頂きました。
餌切りしてあるので、内蔵まで食べられます。

さすがに蓼酢は用意していなかったので
今日はすだちしょうゆでも挑戦です。
c0190847_19385949.jpg


すだちはすごい。なんにでも合いますね。



ちなみに、我が家の飲料水は、
全国河川水質調査一位に何度も輝いている宮川の
アクアセレクトさんのものです。

源流の大台ケ原は、年間降水量4,000ミリ!という世界有数の雨水量を誇り、
屋久島と並ぶ日本を代表する原生林を形成しています。
by motoretta | 2009-07-22 19:39 | うちごはん