料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2013年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヴィッラ・ピサーニの街ストラから、ブレンタ川沿いのミーラへ。
18世紀のヴェネツィア貴族の別荘、
ウィドマン荘"Villa Widmann"に寄ってみました。
c0190847_2320094.jpg

冬期のためか開店休業???状態でした。
ティエポロ調のフレスコ画が見たかったのですが、残念。


ヴァルマラーナ荘"Villa Valmarana"
c0190847_22261123.jpg

別荘次第は取り壊されたものの、
"Barchesse"という農機具を保管していた納屋(といってもかなりの大きさ)が残されています。
管理人のおじいさんに入館料を払って邸内を見学。
広間には、ティエポロの弟子、ミケランジェロ・スキアヴォンのフレスコ画があります。

裏の庭園では、猫がノンビリ。
c0190847_22265522.jpg

現在は、結婚式場としても使われているようです。

そこから309号線を南下。
潟の間を走って行きます。
c0190847_22272048.jpg


キオッジャから少し先へ進んだロゾリーノで、
駐車場に車がいっぱいのバールを発見。
"Bar al Monte"というお店は、地元のお客さんでいっぱい。
c0190847_22273492.jpg

中に入ると、新聞を読むおじいさん、ゲームをしている若者、飲んだくれのおっさん、などなど。
今までの経験上、国道沿いのこういうお店はきっと美味しいのです!

この辺りは、やっぱり魚介と思って、
すぐに食べられそうな巻き巻きのサンドイッチは海老タップリ。
c0190847_22284052.jpg

シンプルながらも美味しーい♪

魚介のサラダは、レモンとオリーブオイルをタップリかけて。
c0190847_22281779.jpg


付いてきたのが袋入りのコレ!
c0190847_22335219.jpg


グリッシーニを円くしたようなものですが、
小麦の味がしっかりしていてなかなかの美味。
c0190847_2228346.jpg


海の幸のフリットも、サクサクで◎です。
c0190847_22282669.jpg


飛び込みで入ったお店ですが、
地元のおいしいものがいっぱいでした。
満足満足でさらに南へ。
by motoretta | 2013-10-28 22:47 | イタリア

芋焼酎のお湯割り♪

我が家の小さな庭から、
金木犀のいい香りがするようになりました。

というわけで焼酎も水割りから、お湯割りへ。
c0190847_22312547.jpg

最近のお気に入りは、
紫芋が原材料の、紫もぐらです。

今まで、お湯割りはそば猪口で飲んでいましたが、
c0190847_22314756.jpg


何の気もなく、
パリのデパートで買ってきたお茶用の器で飲んでみたらビックリ!
c0190847_22315587.jpg

数段、甘みが増したような感じがします。

タニタメニューのレンコンの赤ワイン煮などをつまみに、
飲み比べを楽しみました。

c0190847_2232111.jpg

by motoretta | 2013-10-25 22:40 | お酒

ヴェネツィア旅行4日目


ストラーダ・ヌォーヴァのお菓子屋さん
"Dolceria delle Maschere"で前夜に買った
「チョコ入りブッソラ」"Bussolà veneziani al cioccolato mignon"
c0190847_9485048.jpg

羅針盤という名が付いたリング状の素朴な焼き菓子で、朝ごはん。

朝は静かなヴェネツィアです。
c0190847_9485726.jpg


この壁の前でワーグナーがなくなったというプレート。
c0190847_949410.jpg


ちょっとした路地を歩いても、
他の街とはちょっと雰囲気が違います。
c0190847_9491296.jpg


朝のヴァポレットにのって、
c0190847_94919100.jpg


ドロミテの山々が見える駐車場からレンタカーで、
c0190847_9492616.jpg


ブレンタ平野へ。
c0190847_9561898.jpg


ヴィッラ・ピサーニに到着です。
c0190847_9562975.jpg

18世紀のヴェネツィア最後の栄華を極めたピサーニ家のヴィッラ。
c0190847_9564428.jpg


中庭の彫像の間を通って2階へ。
c0190847_9565542.jpg

ナポレオンが泊まったという部屋などを廻って大広間に入ると、
天井にティエポロの<ピーサニ家の称揚>が広がっています。
c0190847_957297.jpg


裏にはこれまた広大な庭園。
c0190847_9571120.jpg


少し肌寒い空気が心地いいです。
c0190847_9572590.jpg


生け垣で作られたラビリンスや
c0190847_958779.jpg

道化師のような彫像が処々にあります。
c0190847_9582062.jpg

バッカス像の向こう側には温室。
c0190847_22163465.jpg

本土で農園経営に乗り出したヴェネツィア貴族の名残です。
c0190847_22203715.jpg


気持ちいい庭園を、
c0190847_22164934.jpg

しっかりと堪能しました。
c0190847_22195096.jpg

by motoretta | 2013-10-20 22:25 | イタリア
なかなか時間がなくて更新できないイタリア旅行レポの続きです。
先日罰金の督促状が届いたパドヴァからヴェネツィアへ戻り、
サンタ・ルチア駅近くの リ・スカルツィ聖堂"Chiesa degli Scalzi"へ
c0190847_19495061.jpg

ローマかと思う位のバロック空間。
色大理石にクリスマスの飾りが彩りを添えます。

ヴァポレットで夜のカナル・グランデを下って、
c0190847_1950176.jpg

サン・マルコ前からサン・ジョルジョ・マッジョーレを臨みます。
c0190847_19503384.jpg


さらに下って、ピエタ教会。
c0190847_19504289.jpg

1月1日のコンサートのチケットを買って、

サン・マルコ方面へと、ぶらぶら。
c0190847_19505361.jpg

夜の溜息の橋"Ponte dei Sospiri"
c0190847_19514466.jpg

昼間とは違って、静かです。

ドゥカーレ宮殿。
夜遅くなっても、ライトアップで楽しめます。

14世紀の彫刻家フィリッポ・カレンダーリオの<ノアの泥酔>と
c0190847_1952176.jpg

<アダムとイヴ>。
c0190847_19521254.jpg

彫刻家カレンダーリオは、
反乱を企てた罪で捕われ、自身の作品の前で絞首刑となりました。

夜の布告門。
c0190847_19523059.jpg

15世紀のゴシック期の彫刻家バルトロメオ・ボンの代表作です。

サン・マルコ聖堂のモザイクも、
外からほんのわずかですが覗けました。
c0190847_19523887.jpg


月夜のサン・マルコ広場。
c0190847_1952594.jpg

靄がかかった冬の広場も、いいものです。

ヴェネツィア出身のイタリア語教室の先生が高校の頃よく通ったという
"Calle de la Bissa"の揚げ物屋さんで晩ごはん♪
c0190847_19532263.jpg


ショーケースのお惣菜と揚げ物を1階で食べることもできますが、
c0190847_19533629.jpg

寒い中、歩き疲れてしまったので
2階でしっかり座って、いただきまーす。

熱々の"Mozzarella in Carrozza"を頬張り、
c0190847_1953539.jpg


デキャンタ白ワイン♪
c0190847_1954835.jpg


"Bigoli in Salsa"(アンチョビと玉ねぎのビゴリ–太麺パスタ)
c0190847_2353632.jpg

モチモチで旨味たーっぷり。

相方は、魚介のリゾット。
c0190847_2374351.jpg


熱々の魚介のフリットはレモンをたっぷり絞って。
c0190847_238255.jpg


ヴェネツィア気分いっぱいになって、
c0190847_2395025.jpg

夜の街を、とぼとぼと歩いてアパートに戻りました。
c0190847_23222155.jpg

by motoretta | 2013-10-19 23:14 | イタリア

円頓寺のパリ祭

三連休の最終日は、円頓寺のパリ祭へ♪
c0190847_21212337.jpg

なぜ円頓寺でパリ?なのかはわかりませ〜〜ん。

でも、エッフェル塔もあって盛り上がっていました。
c0190847_2121317.jpg


なじみのお店もたくさんありました。
ヨーロッパスクーターのお店ユーロフランセさん。
c0190847_21221239.jpg


シトロエン天白さん。
c0190847_21222841.jpg

DS3カブリオの隣に、ミカエル仕様のC4もありました。
c0190847_21585517.jpg


Hトラックの向こうには、
c0190847_2122577.jpg


ショコラの会でご一緒させて頂いたSACHIさんのお店がありました。
c0190847_21223955.jpg


日本のフレーバーティーをいただきました。
c0190847_21224879.jpg

ナチュラルな甘みと酸味でスッキリしました。

しばらく歩いて、
シャンソンを聴きながら
c0190847_2123229.jpg

商店街のお肉屋さんで
c0190847_21233382.jpg

熱々のコロッケと自販機のビール♪
c0190847_21233930.jpg

これでお腹が一段落。

アコーディオンのお店やら、
c0190847_2125853.jpg

フランスらしいかわいい雑貨のお店を見ながら、
c0190847_2125165.jpg

ラ・ペッシュさんのブースに着いたら、長蛇の列。
c0190847_2125261.jpg

子羊のローストはあきらめて、

商店街のイタリアン アランチャさんへ。
c0190847_2125474.jpg


生ハムとビールを味わいながら、カウンターから見学。
c0190847_21255716.jpg

お祭の日だけあって、厨房はまさに戦場。
サイドステップで飛び跳ねながらパスタのフライパンをあおる姿に、
感動。

赤ワインとチキンの悪魔風もしっかり頂いたら、
c0190847_21575194.jpg


「はい。どうぞ」と鶏レバーのパテもサービスしてもらっちゃいました♪
c0190847_21575786.jpg

きっと食い意地が張って見えたのでしょうね〜。
とっても美味しかったでーす。
ごちそうさまでした。

帰り道は四間道をブラブラ。
c0190847_21583212.jpg

雰囲気のある町並みです。
c0190847_21584990.jpg

三味線の路上ライブもやっていました。
c0190847_21584221.jpg

最後に屋根神さまをパチリ。
c0190847_21583813.jpg


あまり来ることのない西区界隈ですが、
やっぱり商店街っておもしろーい。
by motoretta | 2013-10-14 22:11 | フランス

南信州ジビエの旅

ひと月以上前のことになりますが、
涼しさとジビエを求めて南信州へ。

まずは大鹿村です。
c0190847_2142588.jpg


中央自動車道から更に一時間ほど山道を行くと到着します。
c0190847_21431948.jpg


その名の通り、鹿肉もいっぱい売っています。
鹿の角は5000円。
c0190847_21432626.jpg


特産のブルーベリーでオメメに栄養補給。
c0190847_21433693.jpg


こんな風景を眺めつつ秋葉街道を南に。
c0190847_21435887.jpg


地蔵峠からしらびそ峠へ。
c0190847_21452894.jpg


昭和の時代に木材を運んでいたトロッコ列車を見ながらの
c0190847_21442694.jpg


五平餅♪
c0190847_21533628.jpg


九十九折りの山道を下りていくと、
隕石衝突による痕跡が日本で唯一の確認されたという
御池山クレーターが見られます。
c0190847_2145406.jpg

直径900メートルほどあるのだそう。

そして、今回の目的地、遠山郷へ。
前日開かれた御池山祭の余韻がまだ残っています。
c0190847_2150733.jpg


お昼ごはんはもちろんジビエ。
c0190847_2148917.jpg

山肉のお店 星野屋さんです。

熊や猪もありますが、この旅は鹿。
c0190847_21483285.jpg

鹿ステーキ定食です。

ブルーベリーののった甘辛いタレが、
意外にご飯にマッチ。
c0190847_21483953.jpg

もちろんお肉はしっかりと旨味です。

二度芋やコンニャクにお漬物も、ホッとする味わい。
c0190847_21484596.jpg

ノンアルコールで、ビールはガマン。

下の階には剥製がいっぱい。
c0190847_21485723.jpg


鹿の頭部は、イタリア オルヴィエートのお肉屋さんで見て以来。
c0190847_2149533.jpg


名古屋から、数時間でジビエが食べられまーす。
うさぎさんもあるようでーす。
by motoretta | 2013-10-13 22:31 | 国内旅行

栄のピッツェリア

イタリア語試験で2時間疲労困憊のあとは、
栄のお気に入りのピッツェリア ダ・ナールチェさんへ。
c0190847_1944238.jpg


名古屋で、
本場イタリアのような庶民向けの値段で
ボーノボーノの美味しいピッツァがいただける
貴重なお店です。

日曜日のお昼は、家族連れでいっぱい。
試験で疲れはてたので、
とりあえずビールと
c0190847_19461637.jpg


揚げピッツァのセットでーす。
c0190847_194623100.jpg

熱々のトマトソースでーす。
c0190847_19572192.jpg


でも、レジの横に張り紙が!
c0190847_19441860.jpg

10月いっぱいで閉店!
次の場所でオープンする予定はないとのこと。
またまた、好きなお店がなくなってしまいます。。。

などなど考えながら
自転車でテレビ塔から愛知県美術館に向かっていたら、
確か元ブティックだった場所にワイン屋さんを発見。
c0190847_1947030.jpg

ふらふらと入って、イタリアワインを買ってみました。

お店もいろいろと移り変わり。
30年続くお店は、珍しいのだそうです。
by motoretta | 2013-10-08 20:14 | なごやめし

藤が丘〜本郷。

あんかけ家@藤が丘です。
c0190847_22185254.jpg

テーブル席もできたので、こんな技もできちゃいます。
c0190847_2219392.jpg

友達と一緒にあんかけパスタで、晩ごはん♪
みなさんミラカンに黄金焼きのせですが、
一人でカリフォルニアにミートボールのせ。
ビールも飲んで満足、満足。

リニューアルオープンしてから、ずいぶん味も落ち着いたような感じがしました。

当然のことながら、もうちょっと飲みましょうということで、
本郷のスペイン料理 ダリへ。
c0190847_22191453.jpg


ちょっと薫香っぽい生ハムをつまみに
c0190847_22202276.jpg

リオハの赤ワイン マルケス・デ・リスカル。
c0190847_22213052.jpg

バランスが良いワインですが、
スペインらしい濃いニュアンス。

どうやら一人一品以上オーダーしなければいけないらしく、
(スペインバルではなくレストランということでしょう)
前菜の盛り合わせも。
c0190847_2221456.jpg

ムール貝にサラミとチョリソーとニンジンサラダ。
タコのパプリカ風味はちょっと苦みがあっておもしろーい味。

2本目はスペイン王室御用達というコドルニウのカヴァ。
c0190847_2221512.jpg

爽やかですが、飲み飽きない味わい。

温かいレンズ豆の煮込みで、ごちそうさま。
c0190847_222207.jpg


楽しく、かつ食べ過ぎの晩ごはんでした。
by motoretta | 2013-10-07 22:59 | なごやめし

イタリア語の試験・・・

今日は、第37回実用イタリア語検定の日。
c0190847_2237635.jpg

2時間ビッチリ、
マークシートと「人生の4段階」がテーマの作文に格闘してきました。

左手にこんなものを握りしめながら。。。
c0190847_22365445.jpg

南信州 遠山郷のジビエ肉のお店でいただいた、
幸運をもたらすという鹿の角と、
よく当たるという散弾銃の弾。

運良く当たっていたら、奇跡ですね。
by motoretta | 2013-10-06 22:42 | イタリア

癒しの夜♪

上前津のビストロ ラ・ペッシュ さんのディナー・ライブに出掛けてきました。

アミューズのチーズ入りのシューとベッリーニをいただいて、、、
お待ちかねのオペラ・ガラディナーが始まりました。
美しい音楽にしばし、うっとり。

アントレも盛りだくさん♪
c0190847_2114257.jpg

塩加減も絶妙でワインがすすみます。

肉料理もガッツリ。
c0190847_21143166.jpg

本場フランスを思わせるお料理で嬉しかったです。

イタリア語の先生 Ginoのお誕生日を皆さんでお祝いして、
c0190847_21144425.jpg


翌日の人間ドッグを顧みず、しっかりデザートまでいただきました。
c0190847_21145130.jpg


同席させて頂いた方々は、
イタリア語を話される方が多くいらっしゃってビックリ!

Michikoさん始めYasuoさん、Mikiさんの素敵な音楽と
美味しいお料理に癒されました。

Ginoともたくさんしゃべって、
楽しい一晩に元気を頂きました。 Grazie mille!!!
c0190847_21145745.jpg

by motoretta | 2013-10-05 21:57 | なごやめし