料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー

<   2014年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

北海道冬の旅。

年末の冬の北海道旅行をアップします。
 セントレアで、いつものように名古屋めし。
きしめん+天むす+味噌カツサンドのゴールデントリオ。
c0190847_20593071.jpg
あっという間に中央アルプス。
機上からの諏訪湖と富士山の眺めです。
c0190847_21003469.jpg
JR新千歳空港駅で、
割り引きが一番大きいSきっぷフォーを購入し、
南千歳駅へ。
プラットフォームは真っ白。
c0190847_21012669.jpg
ホッキ貝の駅弁を買って、
c0190847_21013533.jpg
函館へ向かいました。
c0190847_21014456.jpg

by motoretta | 2014-02-27 22:08 | 国内旅行

美味なるケーキ


先日の京都旅行で買ったのは
ラ・パティスリー・デ・レーヴの
c0190847_23005514.jpg
「パリ・ブレスト」と
c0190847_23010110.jpg
「スリーズ」。
c0190847_23014782.jpg
林檎の形のお菓子は、チョコレートでコーティングされています。
サクランボのリキュールが程よく効いて、
食感も味わいも繊細で、とろける美味しさ。
ブランデーと合わせても、なかなかです。
おススメでーす。


by motoretta | 2014-02-26 23:14 | 甘いもの
河原町から祇園に。
c0190847_22282845.jpg

骨董品屋さんを冷やかしながら、ブラブラ。

インドネシアの最高品質カカオ豆を自社調達し、
京都でチョコレート製造しているダリKによって、
c0190847_22283747.jpg


パリからのお菓子屋さん
ラ・パティスリー・デ・レーヴで甘いものを買って、
c0190847_22284646.jpg


甘味処、洛匠へ。
c0190847_22293725.jpg

錦鯉が悠然と泳ぐお庭を眺めながらの、おぜんざい。
c0190847_22295346.jpg

あんことお餅を堪能しました。
c0190847_2230535.jpg

ごちそうさま。
by motoretta | 2014-02-23 22:52 | 国内旅行
寺町通りをさらにブラブラ〜。
パン屋さんを発見!
c0190847_2363438.jpg

看板をよーく見ると「ミラノの味を再現」と書いてあります。
c0190847_2364623.jpg

これは食べなければなるまいと、
さっきお昼ごはんを食べたばかりなのに4食目です。
温かいパニーニをガブリ。
c0190847_2365357.jpg

我が家的にはイタリアのとはちょっとちがうなーという気もしましたが、
しっかり全部食べちゃいました。

河原町通りの色々なお店。
イタリア料理のお店の前には、変わった野菜が売っていました。
c0190847_2371121.jpg

煮干しらーめんに惹かれつつ、
c0190847_2372297.jpg

坂本龍馬の寓居趾を見つけました。
c0190847_237371.jpg

海援隊の屯所ともなったところです。
すぐ近くには土佐藩邸の跡もあります。
c0190847_2374548.jpg

さらに高瀬川沿いに下ると、
旧立誠小学校の前に「日本映画発祥の地」の碑がありました。
c0190847_2375472.jpg

京都国際現代芸術祭2015のプレイベントとして、
ウィリアム・ケントリッジのインスタレーション《時間の抵抗》が公開中でした。

さすがに京都の中心地は、歴史を感じさせるものがいっぱいでした。
by motoretta | 2014-02-21 00:05 | 国内旅行
高瀬川一之船入に面して作られた
あんカフェ ル・プティ・スエトミ。
c0190847_22443718.jpg

この旅3食目のお昼ごはんは、一之船入の水路を見ながら。

まずはシャンパン♪
c0190847_22432956.jpg

アンリ・ジロー ESPRITをぐいっと飲んで、いい旅夢気分。

 
老舗京菓子「末富」秘伝のあんを使ったあんパンをシャンパンとともに
という手もアリかなと思いましたが、
ニューヨークスターシェフ 
デイヴィッド・ブーレイ監修という軽食から、
キノコと豆のサラダをチョイス。
c0190847_22431549.jpg

驚くほど色々なキノコが入っていて、
1ヶ月分のキノコを食べたようなー。

c0190847_22434034.jpg

末富のお菓子を見ながらのお昼ごはんの後は、
最近お気に入りの寺町通りをブラブラ。

骨董品屋さんや器屋さんをひやかしながら歩きました。
c0190847_22465838.jpg

by motoretta | 2014-02-20 23:05 | 国内旅行

神の井しぼりたて

先日いただいたお酒は、名古屋の大高のもの。
c0190847_2213255.jpg

安政三年創業の神の井酒造のしぼりたて。

お米の味がしっかりして、
どっしりとでも酸味もあって、
すき焼きに合わせたいような美味しいお酒でした。

というわけで、京都大原の里の朝市で買った鹿肉の薫製と一緒に味わいました。
c0190847_22135262.jpg

どちらもしっかりしていて、ついつい飲んじゃいました。
ごちそうさまでした。
by motoretta | 2014-02-18 22:19 | お酒
三千院からの帰り道、少し下ったところで朝市がありました。
c0190847_2345757.jpg

近づくと猪汁の文字が!
c0190847_17453038.jpg

優しいお味噌のお汁に、タップリの猪肉。
c0190847_235672.jpg

コンニャクや野菜もたくさん入って大満足。

高野川・鴨川沿いを走って、四条河原町までもどってきました。
c0190847_2381039.jpg


しばらく歩いたところ、
商店街の雑踏の中に「坂本龍馬・中岡慎太郎の遭難の地」の碑。
c0190847_17513336.jpg


そして今回の旅の目的はここ、宝蔵寺。
c0190847_17325923.jpg

伊藤若冲の真筆と確認された<竹に雄鶏図>と<髑髏図>が
若冲の誕生日に合わせて特別公開されました。
書院に展示された寺宝の中で、
興味深かったのは伝呂紀筆の<芭蕉鶴図>。(←画像はありません)
片脚で立つ鶴のポーズ、
それから生命力があふれ、どことなくユーモラスな鶴の表情は
若冲が数多く描いた鶏図と共通点するところがあります。

若冲の両親の墓もある伊藤家の菩提寺である
宝蔵寺の<芭蕉鶴図>を若冲も若い時から見ていたはず?
奇想の画家伊藤若冲のルーツは呂紀?!
そして芭蕉の葉は、鹿苑寺大書院障壁画<月夜芭蕉図>に影響を与えた?
なーんて素人は浅はかに考えてしまいました。

若冲の<紫陽花双鶏図>と
c0190847_17385629.jpg

<月夜芭蕉図>をのせておきます。
c0190847_1739074.jpg

ご参考まで。
by motoretta | 2014-02-16 23:22 | 国内旅行
先週の雪が降った翌日、京都に出掛けてきました。
市内の雪は全く残っていませんが、
北に向かうと、少しずつ雪が増してきて、
大原の里はこんな雪景色。
c0190847_2324100.jpg


三千院の庭園も当然、雪。
c0190847_2323668.jpg


椿の花も凍えています。
c0190847_2324873.jpg


大原に来た目的はコレ。
c0190847_233462.jpg

幸せを呼ぶ「初午大根焚き」を食べにきたのです。
まさかポスターのような雪景色が見られるとは思いもしませんでした。

幟の合間をくぐって、金色不動堂前まで上って行きます。
c0190847_2332442.jpg


特設テントで大根を振る舞っていただきます。
c0190847_2332643.jpg


大原の里で採れた大根は、中まで味が柔らかく染み込んで熱々。
c0190847_2333830.jpg

食べごたえもあって体もしっかり暖まりました。

往生極楽院も見逃せません。
c0190847_2335719.jpg


階段の上から見下ろす国宝の阿弥陀三尊像。
c0190847_234491.jpg

ヨーロッパの古いキリスト教聖堂を思わせる船底天井の下で、
阿弥陀如来と観音菩薩、勢至菩薩が迎えてくれます。

脇侍の観音菩薩、勢至菩薩は
すこし膝を開いて正座した倭座りという姿勢で前傾しています。
c0190847_2341011.jpg


展示室では、船底天井の往事の色彩を再現した
極楽浄土の天井画が見られます。

お目出度い金粉入りのお茶もしっかりいただきました。
c0190847_2342611.jpg

何かいいことあるのかなー。
by motoretta | 2014-02-13 00:06 | 国内旅行

パトリック・ロジェ。

今回のショコラの会は、パトリック・ロジェ!
大好きなショコラティエの1つです。
朝から興奮モード。
ロジェ色(のような)服を身に付け、参加してきました。

今回は4種のボンボン・ショコラを頂きました。
c0190847_21315810.jpg


まずはアマンドから。
ロジェプロヴァンスの農園で作られたアーモンドのプラリネが特徴。
コンビニでも買える普通のアーモンドチョコと食べ比べ♪
c0190847_2132540.jpg

キャラメリゼしたサクサクの香ばしさが、一層引き立ちます。
(当然ながら、お値段も。。。)

長方形のデリと正方形のマラカイボ。
c0190847_2132974.jpg

生クリーム未使用のデリは、爽やかなレモン味がすぅーっと口に残ります。
そしてビターなマラカイボ。
とってもなめらかで酸味もコクもあって、とってもいいショコラです。

最後にアンスタン・アマンド。
c0190847_21321956.jpg

三越のサロン・デュ・ショコラでは、1968年5月の石畳というネーミングで売られていました。
16個入りの一箱でなんとなんと、14,175円!!!だったので、
当然のことながら買いませんでしたが、
今回フランスから到着したばかりの新鮮な物をお分けして頂きました♪

1968年5月に勃発した
パリの民衆の反体制運動である五月革命からインスピレーションを得たというもの。
最初に味わったアマンドよりさらにさらに深く香ばしいプラリネ。
真ん中には丸ごとのアーモンド1粒が隠れていて、さらに楽しめます。
思わず「美味しいねー」と皆さんと言いながら、パクパクと食べてしまいました。

さすがのパトリック・ロジェは、どれもハイレベル。
今回も楽しいショコラの集まりでした。
ありがとうございました。
by motoretta | 2014-02-11 22:08 | 甘いもの

火鍋。

やっぱり寒い時に火鍋を食べたいねーと
恒例となっている冬の麒麟楼です。
相変わらず中国語が飛び交っています。

自転車で覚王山の坂を上っていったので、
1人だけなぜか汗だく(;^_^A
c0190847_2313943.jpg

チーズ春巻きと青島ビールで一息。

茎レタスの炒め物。
c0190847_23131328.jpg

レタスともキュウリともセロリともアスパラとも違う初めての食感。
エビの旨味をよく吸って、油炒めによく合うお野菜です。

カニの唐揚げ。
c0190847_23131678.jpg

これもバクバク食べちゃいます。

もうちょっと食べてから、お待ちかねの火鍋でーす。

豚肉、羊肉、エビ団子、豆苗、白菜、ネギ、豆腐、エノキなどなど
お好みの食材を入れまーす。
c0190847_23132393.jpg

しばらく待って、
c0190847_23132741.jpg

グツグツ煮込むと赤ーい油が浮いてきたら食べごろでーす。
c0190847_23133058.jpg

赤いお汁と白いお汁を各自好きな割合で調合して、頂きまーす。
数々の香辛料が混じり合って、深〜い味わいに。
やめられない美味さで、最後は中華麺を投入して、大満足。

さっぱりマンゴープリンで口を冷やして、ごちそうさま。
c0190847_23134251.jpg


来年もまた食べに行きま〜す。
by motoretta | 2014-02-05 23:36 | なごやめし