料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta

2012年 01月 02日 ( 1 )

2011年秋、運航が始まった名古屋=香港線でまずは香港へ。

鹿児島県志布志湾の上空を飛んで行きます。
c0190847_12312218.jpg

中央右に見えるのは、志布志国家石油備蓄基地。

定刻通り4時間50分のフライトで香港国際空港に到着。
c0190847_12264850.jpg
         

ターボジェットの乗り継ぎカウンターでフェリーチケットを購入。
c0190847_12270100.jpg

セントレアで預けた荷物の半券を見せると、
ピックアップする必要なくマカオまで転送してくれるそうです。
ちょっと不安でしたが、言われるままに。

そしてシャトルトレインAPMに数分乗ってスカイピアへ。
c0190847_1228756.jpg


やっとターボジェットに乗船です。
c0190847_12281382.jpg


船内で配られたマカオ出入国カードに記入して
c0190847_12281774.jpg


ようやくマカオに到着。
c0190847_12282537.jpg

45分ほど船に揺られて少し船酔い気味になりました。

入国審査、荷物ピックアップをして外に出ると、
ものすごい人・人・人。ホテルのシャトルバスもいっぱい。
カジノのチラシを配るアジアンビューティーたちの
化粧の匂いもプンプンしてます。

ヴェネツィアンなどの大型ホテル(カジノ)のバスはすぐ見つかりますが、
私たちのホテル ポウサダ・デ・サンティアゴのシャトルバスは見つけられず
タクシー乗り場の列に並びます。

夕方5時頃ホテルに到着。
c0190847_12285072.jpg

もともとはマカオ南西部の守りを固めるバラ要塞として
1629年ポルトガル人によって築かれました。
c0190847_12285737.jpg

後にルレ・エ・シャトーグループのホテルとして生まれ変わりました。

洞窟のような入口を通って
c0190847_1229043.jpg

階段を上がるとレセプション。

自然の岩肌が剥き出しの廊下。
c0190847_12291659.jpg


前室スイートの客室。
c0190847_12292642.jpg

インテリアはポルトガルから取り寄せられた調度品で揃えられていて
どこの国にいるか分からなくなります。

日本製のジェットバスとスチームサウナ付きの浴室。
c0190847_12293351.jpg


窓を開けてテラスに出ると、下にはプールがありました。
c0190847_12294077.jpg


そして樹齢200年の大木の奥、海の向こうに見えるのは中国大陸。
c0190847_12294495.jpg

中国とポルトガル、東洋と西洋が混じり合ったマカオならではの眺めです。
by motoretta | 2012-01-02 17:00 | 海外旅行