料理、食べ歩き、旅行、車大好き夫婦ののんきな休日の紹介です


by motoretta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2012年 01月 13日 ( 1 )

マカオの街を朝から歩き通し、さすがに足がパンパンになったので
セナド広場のスタバでひと休み。
c0190847_22274045.jpg

味は日本のものと一緒でした。

ソファーで休憩しながら午後の計画を練って
c0190847_22282558.jpg

まずは民政総署へ。
ポルトガル植民地時代の統治の中枢を担っていた建物です。

玄関ホール左手にはプレセピオ。
c0190847_22304973.jpg


反対側には、ピカソ・マティス・ルオー等のデッサン展が開かれていました。
日本と違って写真も撮り放題。
マティスのオルレアン詩集の表紙と
c0190847_22311149.jpg

デッサンもありました。
c0190847_22311582.jpg


奥へ行って見上げると「慈悲聖母」のレリーフがあります。
c0190847_22294668.jpg

さらに階段をあがると真正面から見られます。
c0190847_2230167.jpg

「慈母観音」とも言われる観音菩薩に似た面持ちです。
媽祖信仰などの中国の女神と結びついたのでしょうか。

中庭には、大きなクリスマスツリー。
c0190847_22295425.jpg

奥にはポルトガルの王冠と紋章が刻まれた泉があります。
c0190847_2230723.jpg

手前の石球は、
アジアにおけるポルトガルとスペインの植民地境界線を表しています。

周りはポルトガルのアズレージョタイルに囲まれています。
c0190847_2230928.jpg

ポルトガル全盛時のマカオの町並みが描かれ、
左手には聖ポール天主堂のファサードがそびえています。


さあ、お昼ごはん。

コラーゲン狂の相方のリクエストでフカヒレを求め、
かつて花街だった福隆新街をさまよいます。
c0190847_22334953.jpg

フカヒレのお店と食材店が並んでいます。

角を曲がった所で行列を発見!
c0190847_22374078.jpg

看板には「添發碗仔翅美食」との文字が。
ここは並んでみるしかありません。

30分程並んで、店内へ。

ガイドブックを手にした中国の人が沢山いました。
c0190847_23322251.jpg

きっと地元の有名店なのでしょう。

メニューを含め、一切日本語はありません。
c0190847_22341968.jpg


よく分からないまま頼んだのは、豪華碗仔翅。
c0190847_22371953.jpg

フカヒレが結構入って、38パタカ=約380円という破格のお値段。

そして、濃湯瓦煲花膠魚翅。
c0190847_22372695.jpg

85パタカ=約850円でフカヒレたっぷーりのコラーゲンいっぱい。
c0190847_22372824.jpg

スープもうま味たっぷーり。
超大片的魚翅!真是感動!

大満足で帰る頃には、さらに行列が長くなっていました。
c0190847_2237309.jpg

by motoretta | 2012-01-13 23:50 | 海外旅行